Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

オススメ!BOOK♪

バイシクル・ガール (チャリジェンヌ著)

■Bicycl Girl バイシクル・ガール
PHPより チャリジェンヌ著

先日ゆっくり本屋さんに行けたので、チャリジェンヌ・マコゾーの本、ようやくゲットましたよぉ!!

本屋さんでは、バイシクル・ガールのピンク×黄色の表紙が,
゜.:。+゜キラキラキラキラ゜.:。+゜
ひときわ目を引きました!

「わぁ!あった!」

パラパラめくると、「か、か、かわいい!」中身にもチャリジェンヌたちの可愛いキラキラ笑顔が!

マコゾーの言うとおり、みんな美しい!!
チャリジェンヌたちのキュートな写真やかわいいイラストもいっぱい!!

マコゾーこと益子直美ちゃん。チャリジェンヌでは、「ナオミ」という名前で登場です。(・∀・)/)

手ぬぐい仮面の写真は、大爆笑。
そうだ。手ぬぐい仮面で、地元まで遊びにきてくれたことありました。(笑)
ハワイの写真は感動。ダーリンとの2ショットも見逃せません。(カッコイイ!)

もう、1ページ目からノンストップで、夢中になって読んでしまいました!自転車旅行や、レースの様子、すごぉい!!マコゾーが夢中になる理由がよくわかりました。

いやぁ、実に楽しい本です。
なんだか、自転車についてゼロから学べたり、チャリジェンヌたちと、いっしょに旅してるみたいな気分になります。
まるで自転車に乗って、風を切って走っているような、臨場感あるワクワクする本でした♪

読み終わりに
「うわぁー楽しかった!」って言ってしまったほど!

体重が重くても?(笑)体力なくても?誰でもはじめられる?
「乗ってみようかな?」
思わず…自転車に乗りたくなる!そんな本です。(。・ω・。)

  • 2010.04.01 Thursday
  • 20:29

オススメ!BOOK♪

お知らせ♪ 原田裕花さんの本

元バスケットボール選手の原田裕花さん監修(アトランタオリンピック出場)の、ミニバスの本が出ました!

■「ミニバスケットボール(基本・練習・コーチング)」(少年少女スポーツシリーズ)西東社より

いつもほのぼのしていて、ニコニコ。
のとがな雰囲気で限りなくナチュラルなイメージの裕花ちゃん。
プライベートで仲良くさせていただいてます。(・∀・)/
なるほど、裕花ちゃんのモットーは「いつも笑顔で」なんだそう。だって、裕花ちゃんがいるだけで、周りの人をたちまち笑顔にしてしまうもの。そんな癒しの笑顔の持ち主です。

しかし、バスケットとなると…
水をえた魚のように…(。・ω・。)
ゲームを組み立てる名ガード役(ポジション)だった裕花ちゃんに、ひとたびボールが渡れば、それが点に繋がるというパスを出す!
現役時代の活躍ぶりといったらありませんでした。きっと原田裕花選手に憧れている方も多いのではないでしょうか?

私はバスケットは未経験ですが、思わず、「チームスポーツって素晴らしい!」と心から感動したコラムページがあります。

「仲間を思いやる『ひと工夫』を大切に」チームメイトの特徴を知って思いやりのあるパスを出すことがとても大切なんだそう。バスケットで裕花ちゃんの笑顔や思いやりが発揮されたことがよくわかり、心がジ〜ンときました。
実は、接客のチームワークにもとてもよく似ています。
ちびっ子の頃からチームスポーツを経験するということ。実は社会に出てからも、とても役立つことだと思います。
オールカラーでやさしく丁寧に解説しています。子供たちと裕花ちゃんの笑顔満載で楽しく学べるミニバス本です!

  • 2010.04.01 Thursday
  • 19:40

オススメ!BOOK♪

今日もがんばるわんこたち

?´?1??楪?μ??? class=

お友達で、動物好きのライターさん佐々木ゆり姉さんのワンちゃんに関する本が幻冬舎から出ました♪

タイトルは「今日もがんばるわんこたち」幻冬舎文庫 (600円+税)

生き埋めになったご主人さまを、二度も救い出した忠犬タマ公…泣ける〜(涙)
ここに出てくるワンちゃんのお話はすべて実話。

「名犬・珍犬たちの笑えて泣けるちょっとイイ話」が満載です。
  • 2008.10.07 Tuesday
  • 15:09

オススメ!BOOK♪

◇おすすめ本◇


おうちでつくる南フランスの野菜たっぷり料理
 大石淳子著(アスペクト)

いつもお世話になっているお友達のお姉さんで、フードジャーナリストの大石淳子さんの本が出ました。
手元に届いて、もううっとり。お洒落で可愛いの。見ているだけでも楽しい〜。
旅をしながら、南フランスのマダムたちに教えてもらったという家庭料理が満載です。
フランス料理って、ちょっぴり敷居が高いなぁと思っていたけれど、家庭料理はとっても素朴なんだ…って思いました。
仏風オフクロの味は、野菜たっぷりの身体に優しいレシピなんだなぁ。
ピストゥ(バジルソーズ)とかトマトソースなど、すぐに作れるソース…も紹介されていて、うれしい!さっそく作ってみます!
管理栄養士さんでもある大石さんのレシピは、栄養バランスもちゃんと考えられていてうれしい。
「こんな食べ方があったんだぁ。」と、野菜の食べ方のレシピが広がりそうです!
  • 2008.09.03 Wednesday
  • 06:42

オススメ!BOOK♪

黒鉄ヒロシさんの単行本『龍馬を斬る』サイン会のお知らせ!

ε????1???
お友達が編集を担当した本の著者サイン会が11月17日(土)15:00から、渋谷区
猿楽町29-21のヒルサイドテラスアネックスA棟で行われます。黒鉄ヒロシさん
のファン、そして坂本龍馬ファンのみなさん、ぜひお出かけください!
詳細HP http://www.mononofu.net/tenkafubu_daikanyama.htm
  • 2007.11.12 Monday
  • 18:24

オススメ!BOOK♪

感動のオススメ本♪『障害犬タローの毎日』

私の知り合いのとっても優しいお姉さん、フリーランスライター/佐々木ゆりさんの本が出版されました〜!佐々木さんは、動物ものから、食、医療ものまで『生』をテーマに出材.執筆をされています。以前、食事の席で、佐々木さんにケインの話をしていたときのこと。
『ケインくんも頑張っているんだね。じゃぁこんなに頑張っているワンちゃんもいるよ』
と、携帯電話の写真で『タロー』くんを見せてくれたのです。
『原因不明の難病で、耳もしっぽも、四肢も失ってしまったの』と佐々木さん。
もともとタローは捨て犬くん。どんな理由があってかはわかりませんが、それだけ聞いただけでも涙が出そうになってしまいます。けれど、そこに写っていた『タロー』は、とっても目が印象的で、クリクリしていてかわいくて、愛くるしい顔を浮かべてました。まるでニッコリ笑っているみたい。佐々木さんの話を興味深く聞いているとどんどんタローの魅力に引き込まれてゆきました。だから、『タロー』の本を心待ちにしていました。
私の他界したおとやん(父)は獣医でありながら保健所につとめていました。無情にも、人の勝手で、命を落とさなければならない動物たちがいることにいつも胸を傷めていました。こういう動物たちの里親を探してあげたいと、運動も行っていたのです。人に捨てられたタローは、心やさしい家族の一員として迎えられたそうです。
本を開いてびっくり。私の27才の誕生日、11/14に拾われたと書いてあるではありませんか。タローが拾われた日、私も人生の帰路にたってました。というと大袈裟ですが、デ
パガーからイラストレーターになろうと決意した日でもあります。
現在、タローは、闘病中お世話になった、心やさしい獣医師さんの元で暮らしているそうです。沢山の壁を乗り越え、元気にのんびり毎日を過ごしています。
本の中に登場するタローの写真はどれも自然で、どれも愛らしい素敵な写真ばかり。タローの日常を垣間見た感じがします。人も動物も、命あるものは皆、愛情によって育まれ、愛情によって大切に生かされているんだなぁって感動。読み終わって、心がほっこりあったかくなりました。
言葉を話すことのないタローだけれど、本から元気な『ワン♪』が聞こえてきそうな感動の本でした! 多くの方に読んでいただきたい最近のオススメ本です!
●佐々木ゆり[文]+川島正[写真]『障害犬タローの毎日』アスペクト 1429YEN
  • 2007.05.16 Wednesday
  • 08:14

1